交通事故の発生

どんなに自分自身が注意しながら運転や歩行をしていても、突如として交通事故は起きてしまいます。
自分だけの過失による単独事故であれば自分自身で解決することができます。
しかし多くの場合は他者が関係し、そのどちらか、または双方に過失があることが多く、対処しなければいけない事柄が多く発生します。

自分が交通事故の当事者になったとき、警察への連絡は必要不可欠です。
何故なら保険請求に必要な交通事故証明書を出してもらうには、警察への事情調書が必要となるからです。
もし事故当初、身体の不調がなく物損もないと思い、警察への連絡を怠ってしまうと後日何らかの不備があった場合大変なことになります。
このようなことが起きないようにするためにも必ず警察への連絡はしましょう。
また警察が現場まで来ると、当事者双方の事情聴取がされます。
事故が何故起こったかを明確にするためですが、事情聴取が行われると双方の言い分の食い違いも出てきます。
そのようなときには感情的にならず、自分の主張はきちんとするべきです。

次に医療機関は必ず受診しましょう。
事故当日は、精神的にも身体的にも無意識に極度の緊張があるものです。
そのため当日は身体に何も不調を感じなくても、日が経つうちに身体の不調が出てくることがあります。
事故による不調であることが証明され、自らが被害者であれば保険の対象となるので、医療機関で受診したら診断書等を出してもらい、警察もしくは保険会社に提出しましょう。